「雪掘り」をしてきました

かまぼこアートセンターのメンバー(小沢、小池、荻野、寺澤、深澤、山本)が越後妻有の雪掘りボランティアに参加しました。

大地の芸術祭の開催地である越後妻有地域(新潟県十日町市/津南町)は世界有数の豪雪地帯としてその名を知られていますが、それだけに除雪の苦労も並大抵では無い様子。
今年は例年に比べて一度に降る量も多く、大地の芸術祭事務局も地元サポーター、こへび隊と総出で空き家作品の除雪に大わらわ、という雰囲気でした。
我々も現地スタッフの指示のもと、慣れないかんじきやスノーダンプの使い方を教えてもらいながら、なんとか作業を終えることができました。
当日の様子はflickr、Youtubeにそれぞれ写真や動画をアップしています。
http://www.flickr.com/photos/58973123@N07/sets/72157625820258345/

中手集落の雪掘り:かんじきで雪を踏み固め、足場を作る

また、今回は雪掘りの合間に雪アートプロジェクトで使用する凧のテストも行いました。

こちらは真ん中に穴の開いた「韓国凧」。

あたり一面見渡す限り雪、というこの壮絶な光景の中に色とりどりの凧が飛び交う様子は、
それだけで何だかわくわくしませんか?

「雪掘り」をしてきました

コメントを残す