5月27日28日うごくのかまぼこ倉庫.かまぼこ日記一日目の初め

八条口のバス停で写真撮影 黄色いツナギに山吹色の風呂敷からこんばんは

バスの荷物入れに入れるのでツナギと風呂敷で養生してなんか華やぐ
係りの人がやってきて「その中にペットなんていないですよね?」とそういやそういう形で大きさだわいさ。猫かなイタチかな?

直江津で降りてほくほく線越後湯沢行きの電車の前でも記念撮影する。

顔の橙色とかまぼこの橙色がおそろいで

いい感じよ、旅するかまぼこ


運転手さんもクリーム黄色のユニフォーム。
春めいていいな、いいな。

線路は萩のおおきいのんみたいな白い並木路、
なんて名前なのかしら?

尾根を融けきらなくって滑り落ちた氷状の雪
煤だらけの様にある。
永久表土みたいね見たことないけど。

 

野の花山野草山菜 たくさん生えてる。

ハイビスカスみたいね。
つつじかしら?しわしわのん
この雪国は南国みたいからしか
なんだかなつかしい南国に帰ってきたみたい

明日ちよさんが来るまでに掃除とかだいたいのあたりをつけて待ってよう。

宿に向かうのが面倒なのでビールにおにぎりを買って
かまぼこ倉庫の横で展示の構想もんもん妄想しながら、
鍵を持った人が起こしてるまで寝る

朝は少し肌寒いから、
かまぼこ倉庫からはいだツナギを着るとあたたかい

フラクタルに向こう岸に杉、
青いスギナには歩く指のまたまでひんやりとぬれる朝露の少なげな茶色いとこに風呂敷を広げ眠るとホシ草のにおいだ。

 

ペーターやユキちゃんがいそうなにおいだな。

5月27日28日うごくのかまぼこ倉庫.かまぼこ日記一日目の初め