かまぼこ日記 – 8月1日(小池芽英子)

朝、やっぱしおいしいまんきちさんのご飯を食べ農舞台に行く準備。
朝どりのとうもろこし。有子さんと採とって、すぐ湯がいてくれる。
湯がきたてのとうもろこしは甘くて美味い
たべるものを自分で作り収穫し人にもおすそ分けできるっていいなあ。

朝ヨガ、DSのナオコセンセイを召還してちよさんがスピーカーになって伝授。
山から離れて数ヶ月、どえらくかたくなっている私のからだ。
ちよさんが言うに「ヨガはイマジンや」かたい私を思うでなく、やわらかい私に向かう意思
呼吸とからだとイメージと。呼吸にのせながらやわらかい私をイメージする。キモチ動く。

かまぼこ倉庫をかぶって歩いていると小学生から中学生高校生?まであいさつをくれる
「おはようございます」って、いい気になり私らも道で人に会ったら微笑んで会釈やあいさつ

かまぼこ倉庫の大掃除

小沢さんが「なんだかぼく不審者のようだから」と、もにょもにょいっている
蕎麦屋の娘さんに声をかけたり。麻世さんについてきてとねだったり新井さんに頼みごと
どうやら次の展示のプランらしい。
かまぼこ倉庫かぶっていけば怪しまれませんよとすすめてみるがかわされる。

かまぼこ倉庫の大掃除

キルヒャー使いたさに水源を探すが無い。
しかたなくごみバケツを洗いそこにホースをいれ使用
石口さんが日よけを作ってくれる。石口さんとキルヒャーすごいなあ。
かまぼこ倉庫をかぶって路の駅に行くと寺澤君のお手伝いに来てたかわいこちゃんたちに出会う
くったくの無い笑顔で話しかけてくれる、かわいいな、いつかかまぼこかぶってもらお。

家路に向かうキゲンようしてるおじさんも地球儀を縫ってくれた。
冬の凧揚げにきていたかわいこちゃんが「しってるー」と声をかけてくれる
売店のねえさんたちはねえさんみたいだ。
近くのセブンイレブンのお姉さんたちがきらきらしてるので聞いてみる
「かぶりますか」「かぶります」と記念撮影
何かと話しかけてくれるのでうれしい。

明日は麻世さんが松代の雑学王に話を聞くのんに便乗して混ぜてもらうことに
今日の温泉は雲海。ビールがうまい

かまぼこ日記 – 8月1日(小池芽英子)