ブラインド・山ウォーク7/27

am5:00頃大雨!で目覚めるも、あきらめて7:00すぎ起床。今日もラジオ体操に間に合わない。が、今日は雨でできなかったのかも?などと。
山の方はどうだろう、崩れたり、ぬかるんでるだろうな。また散歩に出かける。
小降りになってきた。11時くらいには止むかしらん。東屋でボンヤリしていると、Iぐちさんが通過。あ、おはようございます。そういえば昨日カバコフの棚田見ながらあそこで200人くらいでパフォーマンスする妄想を話して、隣の歴史館の森先生の記録映像をみせてもらう段取りをお願いして、小池さんがまた夏祭りで似顔絵出店できるか打診してオッケーもらって、Tなかさん経由でお米までもらったんだった。彼はブツブツ言いながらもなにかと頼もしいなぁ。あ、またなんかブツブツ言ってる(方言でよくわからない)。尺取り虫がIぐちさんの肩を横切る。ぎゃー。
山之家さんの手作りフォカッチャたいらげて、チェックアウト。まんきちさんに寄ってお米を昨日もらったけど、古米だから新しいのを少し買いたい話をすると、もうない。こんだけ、持ってけと渡される。次のお土産は奈良漬けと約束し、物々交換成立。道の駅で郵送頼んでから農舞台へ。雨がきつい。今日のWSは無理だろうなぁー、とかまぼこ倉庫に展示するものに思考をシフトする。5号が空いたまま蜘蛛の巣はってたのでまず掃除からはじめると、柳生さんからtel。「4人ゲットしましたー!」あら、この人のナンパすごい。農舞台にあるショップの商品サンプルの雨用ポンチョを衣装に、さっそく出発。神奈川からきた仲良し親子とその友人。雨やら慣れないワークにとまどいながらも満足してくれたみたい。カバコフ棚田を通過した時は、食堂のお客さんたちにもパフォーマンスのように見えたかな?ぬかるみや細い道も、お互いを信頼して助け合って無事に通ってくれました。ご協力ありがとうございました!
5号倉庫に、かつて麻世さんが水害の時につくった杉玉、それを小池さんが再利用して作りかえたまんきちかつての愛犬「てん」、さらに私が、瞽女さんが辿ったであろう山の道にみたてた苔玉として再々利用したものをおさめる。

めぐるめぐる、私たちも、季節も、すべての道も。

常春でうな重ランチ食べて、今回の訪問はおしまい。
また来ます。

ブラインド・山ウォーク7/27