ブラインド・山ウォーク7/26

am5:00すぎ、地震?で目覚める…も結局二度寝で7:00起床。
結構揺れたけど、続かなかったので良かった。昨日の山歩きで心配していた体力もまだ大丈夫そう。山之家さんの朝食まで時間があるので、少し散歩する。
去年盆踊りに参加した小学校跡地へ。今年からこの地域は3つの小学校が合併したらしい。そういえば子供達の絵が町のいたるところに飾ってあり、校舎の絵が多いなーと思っていたのは、新校舎の絵だったのか。それでも今年の夏祭りもここでやるとは聞いていたが(グラウンドは残っている)中には入れないみたい。札がかかって人や車の進入を禁止している。
 あのグラウンドは広すぎたと思う。せっかくの生演奏付きやぐらを囲むには小さい踊りの輪と、それを見る人たちの距離があきすぎて、どちらも近寄り難い印象だった(私は「踊る阿呆」側だった)。せまくでギュウギュウの道いっぱいに踊る郡上八幡の「徹夜踊り」や京都の老舗クラブ「メトロ」を思い出しても、いつでも休んだり踊りの輪に加わったりできる「出入り」できる距離感て、心理的にとても大事なんではないか、などと思う。
朝の短い散歩中も、戻っていただいた朝食中も、汗は滝のように流れ続ける。あぁ、今日体力持つかな、、と不安になりつつ、やえみさん家に行って小池さんからのお土産をわたす。草むしり手伝います!を軽くかわされて夏みかんゼリーとおはぎをいただく。昼は「カプチーノ」でラーメンを… と思っていたが、この分だとお昼はいらないくらい満腹(WSは13時から)。別れ際に「晩ご飯、食べにきてー」とやえみさん。はい、ありがとうございます。ではまた今晩。
昨夜寝ていて会えなかったまんきちのじさまの顔を拝みに、再びまんきちへ。有子さん「昼、食べていくだろー?」イエ、無理です。梅しそジュースごちそうさま。
さて、昼なので農舞台へ。柳生さんが「4人、ひっかけましたー!」と上機嫌。まあ、こんな暑いのにご苦労様です。群馬からお越しのセレブ奥様たち。興味津々ながら案の定汗だくで、しかし真剣に参加してくれた。
「ナースの卵たちにコミュニケーションのクラス教えてんの」「群馬で一番のパン屋のおかみよ!」「薬剤師です。うち病院」「高校教師ですー」というお話をWS終了後に里山食堂の絶品スムージーをごちそうになりながらきく。教育現場の話や、アートを通して思考したり行動する力を身につけることの重要性など、それはもうたくさん話してくれた。ありがとうございました!
その後、フジロック帰りのヤング2人を柳生さんがナンパ。再びブラインド・ウォーク。ノリノリで、友人のきずなも深めてもらって、楽しんでくれました。
繁忙期のため、雲海のお迎えサービスかなわず、「スーパーひろせい湯」(やえみさん家)で汗を流してひやむぎをいただく。
そういえば、今日は同級生が急に亡くなった、という知らせから始まったことを思い出した。病気、老い、突然死。。井出さんもTwitterで「アートより健康」と。むむむ。


ブラインド・山ウォーク7/26

コメントを残す