サバンガン滞在記11/21

放課後といっても、ピンガッドの夜は早い。日が暮れてしまったら、遠くからきている生徒たちは真っ暗な帰り道になってしまう。なので1時間くらいで切り上げないと。とにかく今日はあいさつのダンスのパートをモーレツ練習。二人ずつでクロスして、最終的にハイタッチ。歌はつづけてうたいながら、終わった人から円になって座っていく。次のシーンとのつなぎ目になる最後のふたりはとても重要。同時に、そこで全員がピタッと止まることも。少しずつ「見せる」ことについても話しだす。

メリエンダは必ず用意してくれているし、それを受け取らないと失礼になる。コーヒーよばれながら、入院してきましたー、など先生たちと話す。ああ、ここは本当に落ち着くなぁ〜。

サバンガンに戻ると、AX(is)バスに合流していたあさよさんと小池さんが戻ってきてた。反町さんから私が入院していた話などを聞いていたらしく、心配してくれた。大丈夫ですよー、ホラ祝杯あげましょ、とリュックからビールを取り出す。もう何より、お酒が足りてなかったのかも。調子取り戻すでぇー!
今日からは川向こうの、ネコがたくさんいるブンドットさんの宿泊所に移動。ネコと女子会。

サバンガン滞在記11/21