小沢剛

美術家。1965年東京生まれ。東京芸術大学在学中から、風景の中に自作の地蔵を建立し、写真に収める《地蔵建立》開始。93年から牛乳箱を用いた超小型移動式ギャラリー《なすび画廊》や《相談芸術》を開始。99年には日本美術史の名作を醤油でリメイクした《醤油画資料館》を制作。2001年より女性が野菜で出来た武器を持つポートレート写真のシリーズ《ベジタブル・ウェポン》を制作。2004年に個展「同時に答えろYesとNo!」(森美術館)、09年に個展「透明ランナーは走りつづける」(広島市現代美術館)を開催。13年には「光のない。(プロローグ?)」(作:エルフリーデ・イェリネク)において、初めて舞台演出、美術を手がける。

tsuyoshiozawa.net
http://www.ozawatsuyoshi.net/

略歴

1965年
東京生まれ
1989年
東京芸術大学 絵画科 油画専攻 卒業
1991年
東京芸術大学 大学院 美術研究科 壁画専攻 終了
1996〜1997年
アジアン・カルチュラル・カウンシルの招聘によりニューヨークに滞在
2002〜2003年
文化庁在外研究員としてニューヨークに滞在
2007〜2008年
東京芸術大学非常勤講師

展示会/プロジェクト

1992年
「JIZONG」 青井画廊(大阪)
「JIZONG」 細見画廊(東京)
1993年
「SO-DAN ART」 Trance x Trance Vision(東京)
1994年
「なすびとJIZO」 メモリーズギャラリー(名古屋)
1995年
「JIZOING」 青井画廊(大阪)
1996年
「初期の小沢剛展」 オオタファインアーツ(東京)
「初期の小沢剛展」 モマ・コンテンポラリー(福岡)
1998年
「ワンマングループショウ 岡本一太郎、岡本二太郎、岡本三太郎、小沢剛の作品展」 オオタファインアーツ(東京)
「JIZOING and New Nasubi Gallery」アジアン・ファイン・アーツ・ファクトリー(ベルリン)
1999年
「醤油画資料館別館」 オオタファインアーツ(東京)
2000年
「常設:小沢剛のジゾウイング」 オオタファインアーツ(東京)
2002年
「小沢剛:わりと最近の仕事」オオタファインアーツ(東京)
2004年
「ワンマングループショウ2」オオタファインアーツ(東京)
「同時に答えろYesとNo!」森美術館(東京)
2005年
「コロポックルは君に語りかける」イヴォン・ランベール(パリ)
「台北国際芸術博覧会:年度芸術家—小沢剛」、台北国際貿易センター(台北)
2007年
「七太郎企画:ハチミツと極東と美術」オオタファインアーツ(東京)
2008年
「太宰府天満宮アートプログラム—ホワイトアウト」太宰府天満宮宝物殿企画展示室(福岡)
「小沢剛展」高橋コレクション(東京)
「Himming 2008 ベジタブル・ウェポン@ヒミング」ヒミングアートセンター(富山)
2009年
「小沢剛:透明ランナーは走りつづける」広島市現代美術館(広島)